本文へスキップ
外国人技能実習生・外国人建設就労者受入、ISO認証コンサルティングは岡山産業技術協同組合へ

TEL. 086-274-2572

〒703-8266 岡山県岡山市中区湊296-3

岡山産業技術協同組合は、外国人技能実習生受入事業を柱とし、組合員の経済活動・組織活性・人材・国際交流に貢献することを目的とする組合です。

外国人技能実習制度とは



 技能実習制度は、最長3年の期間において、技能実習生が雇用関係の下、日本の産業・職業上の技能等の修得・習熟をすることを内容とするものです。

 技能実習生は入国後に講習(日本語教育、技能実習生の法的保護に必要な講義など)を受けた後、受入企業との雇用関係の下で、実践的な技能等の修得を図ります。技能修得の成果が一定水準以上に達していると認められるなどして「技能実習2号」への変更許可を受けることにより、最長3年間の技能実習が行えます。

外国人技能実習生の受入れによるメリット

向上心旺盛な若者の受入れによる企業内活性化

素直で真面目に取り組むベトナム人や中国からの若い技能実習生の存在により「職場が明るくなり活性化」されます。 また、技能実習生に教えることで「社員自身が勉強」をし、他の社員にも良い刺激になります

国際貢献・技術支援によるアジアへのビジネス拡大

外国人技能実習生は、日本の技術、技能を学ぶだけでなく、日本の文化や日本語を学んで帰国しますので、国際友好に大きく貢献します。母国企業でのリーダーを育て技能支援・国際貢献することにより、現地法人との取引拡大の可能性が広がります。

バナースペース

岡山産業技術協同組合

〒703-8266
岡山県岡山市中区湊296-3

TEL 086-274-2572
FAX 086-274-6622