岡山産業技術協同組合は外国人技能実習生受入、ISO認証コンサルティング、
その他組合のための事業を行う組合です。

お電話でのお問合せはこちら
TEL:086-274-2572

外国人技能実習生受入れの流れ

入国まで

01

提案、制度説明、申込

直接受入希望企業を訪問し、技能実習制度説明や受け入れ可能かどうかについてヒアリングを行います。

02

技能実習生の募集

受入れを希望する外国人技能実習生の募集条件を決定した後、送出し機関で候補者の募集を開始します。

03

一次選考、訪問

送り出し機関による一次選考、技能実習生家族訪問

送出し機関独自の面接・筆記試験・健康診断を行い、一定レベル以上の応募者のみを面接にのせます。
技能実習生応募者の生活環境、家庭状況を把握するため、家庭訪問や、家族面談を行います。

04

二次面接

組合と受入れ企業による二次面接

一次選考を通過した候補者に対し、組合と受入企業による筆記試験・実技試験・対面面接を行います。      受け入れ企業の希望があれば、合格者の家庭訪問をすることが可能です。

05

採用決定後

採用決定した実習生との雇用契約、現地での事前講習

外国人技能実習生と雇用契約締結後から入国までの期間に、送出し機関において日本の生活習慣、文化風習に合った教育を行うと共に、徹底した日本語教育を行い、来日後、スムーズな実習が行えるよう指導します。

- 入国完了 -

 

入国後から帰国まで

実習内容については「実習内容のご案内」をご覧ください。

01

入国後の集合講習

入国後約一ヵ月間、日常会話・専門用語等の日本語講習だけでなく、警察・消防・法律(入管法・労働法)や、日本文化・風習などの生活学習を行います。

02

配属

技能実習1号として企業配属

労働関係法令上の「労働者」として企業に配属され、技能実習計画にそって技能実習を実施します。

03

技能検定受験

技能検定基礎2級等受験

技能実習2号へ移行する場合、「基礎級」技能検定(実技と学科)に合格する必要があります。

04

在留資格変更

技能実習2号(在留資格変更)移行申請

技能検定試験の合格者は、技能実習2号へ移行し、2年目の実習を開始します。

05

期間更新申請

技能実習2号(期間更新)申請

在留期間更新申請手続きを行います。許可された技能実習生は更に1年間滞在し3年目の実習を開始し、技能の習熟度を更に高めます。

06

受験

技能検定随時3級等受験

技能実習3年目に、「随時3級」技能検定(実技試験)を受検します。
技能実習3号へ移行する場合、3年目に「随時3級」技能検定(実技試験)に合格する必要があります。

07

帰国

※3号へ移行する場合は次項8へ続く

08

在留資格変更

技能実習3号(在留資格変更)移行申請

技能検定試験の合格者は、技能実習3号へ移行し、4年目の実習を開始します。
※2号を終了した実習生は、3号実習開始前または開始後、1年の間に少なくとも1ヶ月間一時帰国します。

09

期間更新申請

技能実習3号(期間更新)申請

在留期間更新申請手続きを行います。許可された技能実習生は更に1年間滞在し、5年目の実習を開始します。

- 帰国 -

お問い合わせ

岡山産業技術協同組合
〒703-8266 岡山県岡山市中区湊296-3
営業時間 9:00〜17:30 定休日:土日・祝

Tel.086-274-2572
Fax. 086-274-6622

 組合事務所

〒703-8266
岡山県岡山市中区湊296-3

組合事務所のアクセス

お知らせ

2020.07.21

この度、ホームページをより使いやすく快適にご利用いただけるようにリニューアルを行いました。今後とも、わかりやすく最新の情報を掲載するホームページを目指しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019.11.14

To top